MENU

ホカマペイント|沖縄の外壁塗装、屋根防水工事のことならお任せ下さい!

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-947-792受付時間 9:00~17:00(水曜日定休)

  • ショールーム来店予約
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

現場ブログ - 塗装の豆知識 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識

塗装の豆知識の記事一覧

外壁の主な劣化について

皆さんこんにちは! 沖縄の外壁塗装&屋根防水専門店のホカマペイントです(^^)   今回は沖縄で主に見られる劣化状態を見て頂きます! (危険度を星マーク5段階で表示しています。もし、このブログをご覧になっている方で現在お住いのお家に同じ現象が起きていれば、ホカマペイントへお気軽にご相談下さい)   【外壁のチョーキング現象】(危険度★★★)   外壁のチョーキングは新築時から、または塗り替えてから何十年も経ち沖縄の強い紫外線で表面の塗膜が劣化し、外壁を手で触ると粉状に白く付く現象です。   【外壁のひび割れ】(危険度★★★★★) 先程ご説明したチョーキング現象が始まり、そのまま放置してしまうと、次は外壁の日々割れに繋がるケースも・・・・ 外壁表面の防水機能が失われ、水分が内部に侵入しひび割れの原因になる場合があります。 雨漏れや外壁が剥がれ落ちることもありますので、危険度はかなり高いです。   【外壁のカビ・コケ】(危険度★★★★)   ひび割れで説明した外壁表面の防水機能が失われると外壁の含水率が高まり、カビやコケなど微生物が発生します。特に沖縄は、高温多湿なため、気候・風土も繁殖を助長してしまいます。 「外壁がただ汚れているだけ」と安心してはいけません!! 実は外壁の含水立が上がっているサインになります。このままにしてしまうとひび割れの原因にも・・・   【コンクリート屋根の劣化】(危険度★★★★)   続いて、沖縄ではよくみられるコンクリート屋根(陸屋根)ですが、屋上の勾配が適切でないため水溜まりになり、常に湿気が多い状態のためコケなどが生えやすくなります。これも外壁のカビ・コケと同様でそのままの状態だと水分の侵入により内部に影響をもたらす恐れがあります。   【コンクリート屋根部分のひび割れ】(危険度★★★★★) コンクリートは縮んだり膨れたりするため、ひび割れを起こしやすい性質です。 発生したひびをそのままにすると雨漏れなど、内部に影響し大規模な修繕が必要になります。   【付帯部の劣化】(危険度★★ )    付帯部は劣化症状も多様です。 換気口や窓周り、ひさしやベランダの劣化は雨漏りの原因になります。     今回、いくつかの外壁の劣化事例をご紹介致しましたがいかがでしょうか? どのお家も半永久的ではありません。人間と同じようにメンテナンスが必要です。 劣化状態によっても補修方法が変わってきます! 外壁塗装や、屋根防水塗装に関して「少し話を聞いてみたい!」「私のお家も同じ現象が起きている」などなど、お住まいのメンテナンスのきっかけとしてホカマペイントへ足を運んでみてはかがでしょうか?   ご相談、調査診断やお見積も無料でおこなっております♩ 沖縄県内での外装塗装・屋根防水塗装をご検討中の方はお気軽にお問い合わせください!(^^)/    

2020.12.18(Fri)

詳しくはこちら

塗装の豆知識

よくあるご質問(^^)

皆さんこんにちは! 沖縄の外壁塗装&屋根防水専門店のホカマペイントです(^^)   今回は沖縄県内での外壁塗装&屋根防水塗装工事を行うにあたって、実際にお受けのよくある質問を紹介いたします!よければ参考にしてみてください\(^o^)/   Q1. どうして塗装をしないといけないの?   A1. 大切なお家を守る為です。 【詳しく】まず外壁の塗替えには、2つの目的があります。 1. 外観の美しさを保つため 2. 外観を長持ちさせるため  外壁の塗膜の劣化により防水性が失われてくると、外壁自体が雨水などにより湿気を吸収して痛んでいきます。痛みが進行してしまうと、塗り替えではなく外壁自体の大きな修繕が必要になります。 なので、外壁のお手入れは痛む前に行うことが望ましいです。       Q2. 外壁塗装の工事期間は? A2. 外壁塗装だけなら2~3週間程度です。※天候にもよります 【詳しく】これは あえてあげている目安であり工事にかかる日数は塗装内容や建物の状況によって違ってくる為 一概には言えません。ただ 業者に1週間前後で 工事が終わると告げられた場合 少し疑ってください。各工程を丁寧にやるとそれぞれ最低2週間は掛かります。いい加減な塗装業者の場合は 何かの工程を省くか 塗りの乾燥期間を短くして工事期間を短くしています。塗装を依頼する場合は 優良店を見つけて施工をすることをお勧め致します。   Q3. どんな業者を選べばいいの? A3. まずは『業者の違い』を知ってください。 【詳しく】  外壁塗装をする業者は大きく分けて4種類あります。 有名ハウスメーカー・大型リフォーム店  ⇒自分の家を建ててくれた安心感 大きい会社というブランド力・保証力。         ただし 価格が高めであり 実際に施工するのは下請けの工事会社です。    b. 地域密着型のリフォーム店・工務店  ⇒いい職人を抱えている会社が多い。(施工品質がいい)   地域密着によるこまめなメンテナンス・アフターサービスが受けられる。   塗料にこだわりがあるお店も多い。        c. 職人さんに直接お願いする。  ⇒会社や工務店が入っていないため 安い価格で工事できる。   しかし保証力が弱く 他分野での工事ができない。        d. 訪問販売や安売りチラシの会社  ⇒すべてがダメというわけではないが 仲介手数料を多額に取った見積もりや保証の面が不明瞭な場合も。   沖縄県内だけでもたくさんの塗装業者があります。価格で選ぶ?会社で選ぶ?たくさんありすぎてどう選んでいいかわからない! そんなときはホカマペイントへお越しください\(^^)/ 沖縄県内での外装塗装・屋根防水塗装をご検討中の方はお気軽にお問い合わせください! 明日も引き続き外壁塗装&屋根防水塗装に関する情報をご紹介致します(^O^)

2020.12.16(Wed)

詳しくはこちら

塗装の豆知識

塗装工事の流れ パート⓶

こんにちは! 沖縄の外壁塗装&屋根防水専門店のホカマペイントです(^^) 早速前回に引き続き外壁塗装の工事についてのご説明をしていきます! 沖縄県内での実際の外壁塗装工事の写真と共にご紹介致します。   前回ご紹介した補修が終わると、次は下塗り・中塗り・上塗りの段階に入っていきます!   ⑤下塗り   シーラーなどの下地材で下塗りを行います。 壁に染み込ませて建物と中塗り塗料との密着度を高めます。 この工程で手を抜いてしまうと塗装が長持ちせず劣化が早くなってしまいます。 下塗りを十分に乾燥させてから中塗りに入ります!   ⑥中塗り・上塗り 塗膜厚を一定量確保し塗膜を長持ちさせるために中塗りを行います。 中塗りで下地(壁)を覆う力を高めた後、上塗りできれいに色を付けて塗装の最終仕上げを行います。 中塗りと上塗りには同じ材料が使われます。   上塗りまで行い、その他鉄部や木部などが有ればその部分も専用の塗料で塗っていきます。   ⑦仕上がりの確認 1. 最初の確認は社内検査などを行い養生したネットやビニールシートを外して仕上がりの確認をします。 もし、出来上がりに満足がいかない場合は、お客様の話をしっかり聞いて、満足がいくように仕上げます。 通常、現場監督と職人が引き渡し前に品質確認を行います。 不良箇所にはテープで印をつけてやり直しをしたり、塗り忘れ箇所やムラがないかをチェックしていきます。加えて、ひび割れ補修がしっかりとできているか確認し、養生のはがし忘れがないかのチェックしていきます。 →特に窓廻りなど、塗料がついてはいけない箇所に塗料がついていないか等念入りに確認します。     2. 社内の検査が終わると最終確認でお施主様の立ち合いの下確認を行います。 社内での確認で、OKが出てもお施主様が納得いかない様であれば手直しが必要となります。 お施主様の納得いく仕上がりで引き渡しを行います。   ⑧足場解体と清掃 最終確認でOKがでましたら、足場の解体を行い撤去します。 足場の解体などででたごみの回収や敷地廻りの清掃をして工事前以上に綺麗にします!   標準的な外壁塗装のながれとしてはこれで以上になります。 沖縄県内にもたくさんの外壁塗装会社がありますが、会社によっては順番は異なると思います。外壁塗装といってもたくさんの工程があります。   それでは今回は以上となります!! 次回は防水塗装の流れをご紹介したいと思いますので次回もぜひご覧ください\(^o^)/   沖縄県内での外壁塗装・屋根防水塗装をご検討中の方はお気軽にお問い合わせください(^O^)

2020.12.11(Fri)

詳しくはこちら

塗装の豆知識

塗装工事の流れ パート⓵

こんにちは! 沖縄の外壁塗装&屋根防水専門店のホカマペイントです(^^)   本日は、実際に外壁塗装や屋根防水塗装の工事の流れについてです! 御見積もとても大事なことですが、「いたいどんな工事をしているの?」「工事の流れは?」と行った塗り替えリフォームの流れを今回はご紹介したいと思います!   工事をする前に一番需要なのはお客様のご自宅の調査からです。 現地調査を行わなければ、実際にどのような状態なのか、そしてお見積をすることもできません。 そのため第一ステップはお客様のご自宅にお伺いし、現状の調査が必要です。   現地調査を行い、そこから工事が始まっていきます。 それでは、ここからは実際に外壁塗装工事が始まった場合の流れのご説明です!   ⓵足場を架設・飛散防止ネット張り   塗装工事をするにあたって不可欠な仮説現場。 作業員の安全確保の為のもちろんですが、周囲にゴミなどが飛散しないようにするためでもあります。 ご近所様への心遣いも大変重要です。   ②高圧洗浄作業 この作業で外壁についたカビや藻などの汚れを根こそぎ落としていきます! 汚れがそのまま残った状態で外壁塗装や屋根防水塗装をしてしまうと、塗料の密着性が弱くなり、仕上がりの色合いや耐久性に影響が出てしまいます。 なのでここでしっかり汚れを落としていきます!!   ③養生   養生作業もとても重要です。 窓やドア周りなど、ペンキがついてはいけない箇所に塗料が付着するのを防ぎます。 周囲にあれば車も同じようにカバーをかけて養生します。   ④補修作業(クラック補修)      コンクリートは圧縮に対する強度は優れていますが引張強度や伸びの強度には弱く、経年の外力の作用によってひび割れがどうしても発生してしまいます。 ひびから雨漏れや爆裂現象に繋がるケースもしばしば・・・・・ 写真のように、ひび割れを確認したら電動のカッターでヒビを開け、専用の補修材「エキポシ樹脂」を充填していきます。   ④補修作業(爆裂補修)   爆裂補修は、躯体中の鉄筋がコンクリートのヒビ割れから侵入した水などにより錆びて、 鉄筋を誇張させ外壁を押し出し、外壁が欠落させてしまう現象です。 そうなると大変危険です!! ちなみに、鉄筋がさびてしまうと誇張率が約2倍~2.5倍といわれています。     剥離しかけている部分は落とします。 鉄筋のさびは金ブラシで錆びを落として、錆びとめを塗ります。 最後にモルタルで形を成形し完了です!   補修内容は、主にひび割れ補修と爆裂補修が沖縄では多いかと思われます。 最近では沖縄県内でも、木造や鉄構造が増えてきていますので構造によって補修の仕方が変わってきます。 現地調査の際にどのように補修を施すかお伝えしております。   少し長くなりましたが今日はここまで! 明日は続き斗として、塗装工事の流れパート⓶としてお伝えします\(^o^)/   沖縄県内での外壁塗装・屋根防水塗装をご検討中の方はお気軽にお問い合わせください(^O^)

2020.12.10(Thu)

詳しくはこちら

塗装の豆知識

【塗料のご紹介】水性セラミシリコン

外壁の塗替えにあたっての塗料選びで、どのような塗料がいいのか悩まれる方が多いと思いますが、今日はホカマペイントで取り扱っているお求めやすい塗料をご紹介します! 今回ご紹介するのが、”SK化研”さんの水性セラミシリコンです。   カタログにも紹介はありますがわかりにくい所もあると思いますので、水性セラミシリコンにはどんな特徴や性能があるのかを分かりやすくまとめてみました! この記事を読めばカタログでの説明がわかりやすくなると思いますので是非参考にしてみてください。   1. 水性セラミシリコンとはどんな塗料なのか?   水性セラミシリコンとは、超耐久性コーティング材として注目されているシリコン系樹脂にセラミック成分を複合化したセラミックシリコン樹脂をバインダーとしているため、シロキサン結合による強靱な架橋塗膜を形成します。従来の水性塗料と比べ格段に優れた耐久性と低汚染機能により長期に亘って壁面を美しく維持することができます。弾性タイプには水性弾性セラミシリコンがあります。 2. 水性セラミシリコンの特徴  ・超耐久性   紫外線、湿気などのポリマー劣化要因にたいして、非常に優れた耐水・耐アルカリ性、化学抵抗性を示し、建物を長期に亘り保護します。  ・低汚染性   緻密な架橋塗膜は、大気中の粉塵や排気ガスを寄せ付けず、優れた低汚染性を発揮します。  ・防カビ、防藻性   特殊設計により、長期に亘ってかびや藻類などの微生物汚染を防ぎ、衛生的な環境を維持できます。  ・安全設計   水性塗料のため、溶剤中毒や火災などの心配もなく、作業環境の向上にも非常に役立ちます。  ・資産価値の向上   従来のアクリル樹脂系塗料や、ポリウレタン樹脂系塗料に比べて耐久性が高いため、長期メンテナンスサイクルを含めたライフサイクルコストが低く、資産価値の向上と大きなコストメリットを生みます。  ・安定した品質   一液形のため、調合が不要で、常に安定した品質が確保できます。  ・防水性(水性弾性セラミシリコン)   主材に弾性系の材料を使用する場合、躯体のひび割れに対し、優れた追従性を示し、雨水の浸入を防ぎます。 ここまでが水性セラミシリコンの紹介となります! ホカマペイントでは今回ご紹介した塗料の他にもまだまだ種類がありますので次回またご紹介したいと思います\(^o^)/

2020.12.03(Thu)

詳しくはこちら

塗装の豆知識

外壁塗装&屋根防水専門店 ホカマペイントへようこそ

株式会社ホカマ

代表取締役 外間 慎也

塗装の豆知識での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社ホカマにご相談ください!

弊社は、創業二十余年になります。地元 金武町で、公共工事、民間工事、土木、建築、造園を中心に経営してきました。
経営理念である
『我が社の技術、サービスをとおして、お客様から喜ばれる仕事を成し遂げる』
を原点に、これからも成長してまいります。
そして何よりも一番の喜びが、社員の成長、社員の家族の繁栄で有ります。
これからも三十年、五十年、お客様から必要とされる会社を目指し、社員一丸となって頑張ります。
■私にとってリフォームとは?
『お客様の日々の生活をより良くする為のお手伝い』と考え、我が社の技術、サービスをとおして、お客様に喜んでもら得る絶好の機会であると考えます。
誠心誠意を行動方針とし、職人力で頑張ります。

  • 北谷ショールーム アクセスマップ

    ホカマペイント北谷ショールーム

    〒904-0101 沖縄県中頭郡北谷町字上勢頭667-1
    フリーダイヤル:0120-947-792
    FAX:098-936-8866
    営業時間 9:00~17:00(水曜日定休)

    北谷ショールームについて詳しくはコチラ

    初めての方は無料診断へ お気軽にお電話ください

    0120-947-792
    受付時間 9:00~17:00(水曜日定休)

    無料見積依頼

    絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

  • コザショールーム アクセスマップ

    ホカマペイントコザショールーム

    〒904-0013 沖縄県沖縄市室川2-33-74 メゾンムロカワ1階
    フリーダイヤル:0120-947-629
    FAX:098-936-8866
    営業時間 9:00~17:00(水曜日定休)

    コザショールームについて詳しくはコチラ

    初めての方は無料診断へ お気軽にお電話ください

    0120-947-792
    受付時間 9:00~17:00(水曜日定休)

    無料見積依頼

    絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断
外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション

お見積・資料請求はこちらから

0120-947-792受付 9:00~17:00(水曜日定休)

お問い合わせフォーム

ホカマペイント 沖縄県の外壁塗装&屋根防水専門店 ホカマペイント

〒904-0101 沖縄県中頭郡北谷町字上勢頭667-1
TEL:
FAX:098-936-8866

〒904-0013 沖縄県沖縄市室川2-33-74 メゾンムロカワ1階
TEL:
FAX:098-936-8866